入店の第一関門「面接」

普通のバイトだと、面接で合格すれば採用が決まりますよね。
ところがキャバクラは少し違って、採用(本入店)されるには、面接と体入それぞれで合格しないといけません。

そのため、最初の関門になるのが面接です。
ここで落とされたら何の意味もありませんが、注意点も多いので事前準備をしっかり行いましょう。

キャバクラの面接でカジュアルな服装はNG

キャバクラの面接は服装が大事です。
基本的にカジュアルな服装は避けるべきですね。

そもそもナイトワークに合っていませんし、採用担当に「うちのお店に合わないな」と思われてしまいます。
面接では、すぐにお店で働けるような服装が好ましいですよ。
どんな服装かと言うと…

・基本はドレスかミニドレスにする
・抵抗があればドレスワンピースでもOK
・チュニックを着るならスカートを合わせる(パンツはNG)
・靴はヒールかヒールサンダル(スニーカーやパンプスは避ける)

こんな感じですね。
悩んだらドレス系を着ましょう。
お店のサイトをチェックして、在籍するキャストの服装を盗むのもおすすめですよ。

あとは清潔感を出して、女性らしさを意識することも大切ですね。
もちろんお店ごとのコンセプトがあるので、コンセプトから外れすぎないようにしましょう。

面接時のメイクは完璧な状態で挑む

服装は完璧でも、ボサボサヘアにすっぴんだと面接で確実に落ちます。
そんなキャストに接待されたくないですよね。
ヘアは清潔感が大事なので、もしボサボサになっている時はサロンへ行くか、後ろで結んでしまうのがおすすめです。

問題はメイクですよね。
キャバクラって濃いメイクのイメージがあるかもしれませんが、男性は濃いメイクを嫌います。
すっぴんは論外として、押さえておきたいポイントをチェックしましょう。

・基本はナチュラルメイク
・アイメイクなどで目は大きく見せる
・チークや口紅で顔色が良く見えるよう意識する
・ネイルは濃い色を避け、トレンドを取り入れる

特に大切なのはナチュラルメイクですね。
“盛りすぎ”は逆効果ですから、あくまで自然に見せるのがコツです。
採用担当も男性ですので、男性ウケを心がけてくださいね。

年齢確認アイテムを忘れないように気を付ける

キャバクラの面接時は必ず年齢確認が行われます。
風営法で18歳未満の勤務は禁止されていますし、お店側も営業停止・許可取り消しを避けるために実施しているんです。

なので年齢が確認できる書類は必ず持っていきましょう。
大切なのは、顔写真入りの身分証明証を持っていくことです。

・免許証
・学生証
・パスポート
・マイナンバーカード

代表的なのは免許証ですね。
なお、顔写真無しの書類でOKのお店もあります。

その場合は高校の卒業アルバムとか、他のアイテムとセットで提示が求められますね。
ただし、お店により変わる場合がありますので、面接を受ける前に聞いておきましょう。

受け答えは明るく社交性を出そう

小さい声でボソボソと喋ると、自信がなさそうに見えてしまいませんか?
それは面接でも同じなんです。

採用担当が面接を受けに来た子を品定めしてますから、口ごもった喋り方は原則NGです。
喋り方が暗い子はお客さんも指名しづらいですよね。

お店側も、売上を取れない子を雇う意味がありません。
受け答えする時は、ハキハキと明るく、社交性を全面に出していきましょう。

笑顔も大事です。
面接で緊張しちゃうと、顔が強張っちゃうこともありますよね。
そんな人は、鏡で笑顔の練習をしたり、チェックしてみましょう。

笑顔一つで採用確率がグンと変わる場合もあります。
絶対に受かりたい時は、常に笑顔を意識しておきましょう。

希望の条件は詳しく伝える

勤務時間や休みたい日とか、絶対に譲れない条件ってありますよね。
こうした希望条件は、絶対に面接の時伝えるようにしましょう。
本入店が決まってからだと、お店側とトラブルになる可能性があります。

また、条件は内容を詳しく伝えることも必要です。
曖昧に伝えちゃうと、お店との間で齟齬が生じる場合があります。
例えば、「勤務時間は○時~○時まで」、「毎週○曜日は必ず休みが欲しい」など、内容は明確に伝えましょう。

もしお店側と条件が噛み合わなければ、別のお店を探すのもおすすめですよ。
妥協すると不満が溜まることがありますからね。
キャバクラで働く場合、希望条件を全部飲んでくれるか、お店側と一致していることがトラブルの予防になります。

面接に受かれば体入へ進める

面接って緊張しますよね。
でも、面接に受からなくちゃ体入へは進めません。
当日は気合を入れて面接に挑みましょう。

ただし、服装・メイクはもちろん、年齢確認アイテムも忘れないでくださいね。
後は希望条件を明確にしておくことも重要です。
面接で採用担当の人に伝え、折り合わない時は交渉してみましょう。

関連記事

キャバクラの面接はアポからって知ってた?落ちないアポの取り方... キャバクラの求人サイトでも多いメールや電話でのアポ 気になるキャバクラの求人を見つけたら、まずはお店に連絡をしてみましょう。 求人サイトから直接応募できる場合もありますが、実はメールや電話でアポを取る人も多いんです。 普通のバイトだと少し珍しいですけど、キャバクラではかなりポピュラ...