キャバクラの求人サイトでも多いメールや電話でのアポ

気になるキャバクラの求人を見つけたら、まずはお店に連絡をしてみましょう。
求人サイトから直接応募できる場合もありますが、実はメールや電話でアポを取る人も多いんです。

普通のバイトだと少し珍しいですけど、キャバクラではかなりポピュラーなんですね。
なので迷った時はメールか電話でアポを取ってみるのがおすすめです。
どっちもメリットは多いですよ。

電話の場合、気になることを直接問い合わせできるのがメリットです。
例えば勤務条件を聞いたりとか、すぐ聞きたいことがある場合、電話だとスムーズにいきます。

お店の対応を簡単にチェックできるのも魅力ですね。
電話対応が雑なお店ってブラックなパターンが多いですから、お店を決める際の判断材料にもなります。

一方のメールは、電話よりも気軽にアポを取れるのがメリットです。
電話って少し緊張しちゃいますよね。

でもメールなら緊張せず済みますし、聞きたい内容を送るだけでOK。
スマホから送れるのも楽ですし、空き時間を有効活用できるのもメールの強みです。

面接のアポを取る時はタメ口は絶対にNG

ただし、アポを取る時に気を付けたいのが口調です。
タメ口だけは避けてくださいね。
お店に与える心象が悪くなってしまいます。

いきなり「面接受けたいんだけど~」と言われたら、誰でも嫌な感じがしますよね。
だから敬語で話すことを心がけましょう。

連絡する時は「お忙しいところすみません」のように、ワンクッション入れるとなおよしです。
礼儀正しく、丁寧な感じが伝わりますから、お店へ与える印象も良くなりますよ。

何を見て応募したのかはしっかり伝えよう

キャバクラの求人を色んな媒体に出しているお店は少なくありません。
ネットの求人サイトはもちろん、地域のフリーペーパーに出稿していることも考えられます。

そのため、応募する時は求人を見た媒体名を伝えておきましょう。
これを忘れちゃうと、採用担当の人が混乱する場合もあります。

例えばネットの求人を見た場合、そのまま伝えるのでは意味がありません。
必ず「××というサイトの求人を見て~」と、求人サイト名まで伝えることが大切です。

ただし、お店のサイトを見た人は、「お店のサイトの募集を見て応募しました」と伝えましょう。
単に「サイトを見て~」だと、どのサイトか分かりにくいですし、求人サイトで募集しているお店も多いので、具体的に伝えることが重要ですよ。

メールの文章は簡潔に分かりやすく伝える

メールの文面を考えるのって大変ですよね。
聞きたいことが沢山あると、長文になってしまう可能性もあります。

けど、メールで応募する時はシンプルな文面を意識してくださいね。
伝えたい内容・聞きたい内容をしっかりまとめ、簡潔にすることが大切です。

メールを受け取る時間帯によっては、採用担当の人が隅々まで読めない可能性もあるんです。
特に長文だと時間が必要ですから、忙しくて読めない場合も考えられます。
要点のみが分かるようにして、すぐ読める文面を考えてみましょう。

逆に簡潔すぎるのも考えものです。
例えば、「まだ求人応募していますか?」という文面はシンプル・簡潔ですが、受け取った人は困惑するでしょう。

どこの誰なのか分かりませんよね。
要点を絞るのは大事ですが、最低でも名前や連絡先を盛り込み、挨拶も添えて送りましょう。

電話の声はワントーン上げると好印象

電話のトーンで相手が受け取る第一印象が変わります。
暗いトーンで喋ると暗そうなイメージを与えちゃいますので、普段よりもトーンを上げて喋りましょう。
特にワントーン上げるだけで良い印象を与えます。

トーンが低いと、落ち着いた真面目な印象を受ける人もいますが、逆に暗い印象を持つ人もいますので、ちょっとリスキーです。
反対にトーンが高ければ、ほとんどの人が明るくてハキハキしたイメージを持ちます。

キャバクラの面接でどちらが有利かは、簡単に分かりますよね。
トーンの上げ方が分からない人は、ポジティブな気持ちで、明るく喋ることを意識しましょう。

アポを取るのは慎重に!

キャバクラの面接は最初のアポが大切です。
でも、アポを取る時は慎重になってくださいね。

もし応募先がブラックなお店だと、詳しい説明がないまま面接を受けることになります。
何か気になることがあっても、ヤバそうなお店にアポを取るのは避けましょう。

関連記事

これでばっちり!キャバクラの面接で気をつけたいこと5つ... 入店の第一関門「面接」 普通のバイトだと、面接で合格すれば採用が決まりますよね。 ところがキャバクラは少し違って、採用(本入店)されるには、面接と体入それぞれで合格しないといけません。 そのため、最初の関門になるのが面接です。 ここで落とされたら何の意味もありませんが、注意点も多...