専門用語の多いキャバクラ業界

キャバクラでは色んな用語が使われています。
【キャバクラ業界用語集】https://icondolllounge.jp/articles/words

こういった専門用語を知らずにいきなり入店すると、疑問符が浮かんじゃうこともよくあります。けど、これから働くなら覚えなきゃいけません。
ちゃんと叩き込んでおけば、ミス・トラブルを防ぐことにもなります。
じゃあ、一体どんな用語があるんでしょうか?

セット料金、延長などの料金編

まず料金にまつわる用語から見ていきましょう。
キャバクラでは、こんな言葉が使われています。

・セット料金
・延長(自動延長)
・テーブルチャージ

早速「?」ってなりますよね。
でも大丈夫です。
どれも簡単に覚えられますよ。

セット料金

まずセット料金ですが、これはお店が決めた単位時間あたりの基本料金を指します。
ほとんどのお店が1時間です。
1時間を1セットと表現することもあるので覚えておきましょう。

キャバクラって、カラオケと同じように時間制のお店なんです。
お店へ滞在する時間によって料金が変わる仕組みですね。
なので飲食代金は別途発生します。

延長(自動延長)

続いて延長ですが、これもカラオケに置き換えるとわかりやすいです。
1セットの時間以上滞在した場合に生じる料金で、延長料金とも言われてます。
延長料金はセット料金と同じか、少しだけ高くなってるのが一般的です。

例えば1セット7,000円のお店なら、延長30分で3,500円~4,000円位になります。

ちなみに自動延長は、高級店に見られるシステムです。
普通のお店は、時間が近くなってきた時、黒服がお客さんに「延長しますか?」と声を掛けます。

でも、自動延長のお店はそれがありません。
滞在時間に応じて時間が自動で延長されます。
雰囲気を重視したり、会話を阻害しないのが目的ですね。
違いを覚えるなら、”声掛けの有無”で判断するのがおすすめです。

テーブルチャージ

テーブルチャージは、セット料金に上乗せされるサービス料のこと。
割合で決まってるんですが、数%~10%くらいが発生します。
単にサービス料と表現してるお店もありますね。
表示は消費税抜きの場合もあれば、逆に込みになっているお店もありますけど、統一されてないので注意してくださいね。

指名編

売れっ子を目指すなら、指名は特に大切な要素になります。
指名は、お客さんが接待してほしいキャストを決めるシステムで、1回ごとに数千円の料金が発生します。
逆にキャストを指名せず楽しむお客さんもいますが、これはフリー客って呼ばれています。
『指名がない=希望がない=フリー』という感じですね。

ただ、指名も”場外指名”と”場内指名”の2パターンがあります。
このうち場外指名は、お客さんが来店した際にキャストを指名することを言います。

本指名と呼ぶ場合もあるので気を付けてくださいね。
来店時から指名したいキャストが決まってるので、常連さんによくあるパターンです。

もう一方の場内指名は、フリー客が特定のキャストを指名することです。
入店後に色んなキャストから接客を受けて、その中から気に入った子を選んでもらう感じですね。
初来店のお客さんとか、まだお気に入りのキャストが居ない場合に多い指名パターンです。

ちなみに、フリー客へ対しては黒服が”付け回し”という仕事をします(詳細は後述します)。
もし付け回しの最中にお客さんがキャストを指名した場合、それは場内指名になります。
場外指名は来店時だけですから、それ以外は全部場内指名と覚えてくださいね。

同伴やアフターなどの店外編

キャストはお店の外でも仕事・営業する場合があります。
例えば、こんな用語知ってますか?

・同伴出勤(強制同伴)
・アフター
・店外デート
・枕営業

頭がこんがらがりますね。
ただし、どれもキャストには大切なことですから、違いを覚えておきましょう。

同伴出勤

同伴出勤(同伴)とは、お客さんと一緒にお店へ出勤することを言います。
この”出勤前”がポイントです。

普通は出勤の2時間位前にお客さんと会って、食事を楽しんでからお店へ行きます。
お店へ到着したら、そのまま同伴したお客さんを接待する流れです。

ちなみに同伴がノルマになってるお店もあるんですが、強制同伴って呼ばれています。
お店が指定する日に同伴を強いられるパターンです。
もちろん断るのもできるんですが、罰金やペナルティには注意してくださいね。

アフター

アフターは、お店が閉店した後(または退勤後)にお客さんと遊びに行くことを指します。
同伴と違って、閉店(退勤)後ってところがポイントですね。
食事に行くのが一般的ですが、映画館でレイトショーを観るとか、過ごし方自体は基本自由です。

店外デート

アフターと似たものに店外デートがあります。
これはプライベートでお客さんと会ったり、デートすることを指す言葉ですね。

アフターもプライベートの延長なんですが、自分の休日や余暇を利用して会うのが店外デートです。
なので閉店・退勤後はアフター、プライベートで会うのは店外デートと区別しておきましょう。

枕営業

枕営業は察しが付く方もいますよね。
キャストがお客さんと関係を持つことで、指名や売上に繋げる営業手法です。

キャバクラに限らず古くからありますが、売れないキャストが取る営業手法なんですよ。
結局関係を持つだけで終わるパターンが多いですから、売れっ子は絶対に枕営業をしません。
いくら指名が欲しくても避けるのが好ましいですね。

黒服編

黒服はキャバクラの裏方的存在です。
いないとお店が回りません。

簡単に言えば、キャバクラで働いている男性スタッフのことを指します。
ボーイという言い方もしますね。
黒服は雑務からキャストのお世話まで、色んな役回りがあるんです。
お店で働く限り、黒服とは仲良くしておきたいですね。

指名編でも触れましたが、フリー客の担当キャストを決める付け回しも黒服の役割です。
付け回しは1セットにつき3~4人のキャストを決めて、席へ着かせる順番を決める業務です。
ただ、付け回しが下手くそな黒服も中にはいるので、下手だと思ったら文句を言っちゃいましょう。

もう一つ覚えておきたいのが”送り”ですね。
これはキャストを自宅まで送ることを指す言葉です。

キャバクラって深夜1時過ぎにお店が終わることも多いので、終電帰りが難しい場合もあるんです。
そんな時、黒服が家まで送ってくれることもあります。
(※お店によっては送迎ドライバーを雇っています。)

まずは慣れること

入店間もない頃って、何言ってるのか分からなかったり、スタッフの会話についていけなくなることもあります。
でも、分からないままにしちゃいけません。

仕事に支障が出ますからね。
まずはキャバクラ独特の用語を覚えて、徐々に慣れていきましょう。

関連記事

驚愕の事実!働き始めるまえに知っておいて欲しいキャバクラの裏側... キャバクラの理想と現実はギャップも多い 皆さんはキャバクラにどんなイメージを持ってますか? 華やかで煌びやかなイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。 確かに華やかな面もありますが、全てがそうとも言えません。 実際はドロドロしてる面もあるし、正直に言うと厳しい世界です。 ...
知らないと恥ずかしい?キャバクラにあるお酒の種類と基礎マナー... キャバクラによくある焼酎とウイスキーのハウスボトル キャバクラって色んなお酒が置いてありますよね。 ちなみにどんな銘柄があるか知ってますか?実はほとんどのお店で置いてある定番も多いんですよ。 特に焼酎とウイスキーはバリエーションが豊富です。 けど、お酒って見た目が似てますから、詳しく...
【ちゃんと知ってる?】キャバクラとガールズバーはどう違うの?... キャバクラとガールズバーは似てるようで違うキャバクラとガールズバーの違いって知ってますか? どっちも求人は見かけるけど、何かよく分かんないですよね。 実は同じようだけど、違いところもチラホラあるんですよ。 仕事内容からお給料、来るお客さんまで、色んな面が違ってます。 どっちが良いか迷ったら、違いをみ...