私がキャバクラへ入った話

私は今もキャバクラで働いてます。
働き始めたのは何年も前なんですが、思い返すと色んなことがありました。

特に何度か大きいトラブルもありましたね。
もう一生分のトラブルを経験したんじゃないかって位です。
でも、私がキャバクラに入ったきっかけは他の人と同じで、とにかくお金が目的でした。

金欠で大学からキャバクラの体入をしまくる

私が大学生だった頃、慢性的な金欠で遊ぶお金がありませんでした。
バイトもやってましたが、生活費でギリギリだったんです。

それで稼げる方法ないかなーと考えていた時、思いついたのがキャバクラでした。
特に体入が稼げることを知ったんですよ。

体入の味をしめた私は、どんどんキャバクラで体入を繰り返しました。
たった1日で1万円位稼げますから、こんなに効率いい稼ぎ方は無い、という風に考えていたんですよ。

最終的に10店以上は体入しました。
当時は、まさに”体入荒らし”状態だったんですね。

体入荒らしから本入へ

けど、ある時「私何やってんだろ」と我に返りました。
体入は稼げるけど、この繰り返しで良いのかと思ったんです。

いつか限界も来ちゃいますからね。
そんな風に感じて体入荒らしは止め、真剣にキャバクラで働こうと考え始めました。

1店目は面接で落ちましたが、2店目に採用してくれるお店が見つかりました。
無事本入点を果たし、ここから私のキャバクラで人生が始まったんです。

忙しすぎて大学中退~キャスト同士がギスギスしすぎて病む

しかし、キャバクラの仕事は思った以上に大変でした。
いかに体入が楽だったか思い知ったんですね。

ナイトワークなのは覚悟していましたが、同伴やアフターなんかもあって、少しずつ大学の勉強に影響が出始めたんです。
そして大学とキャバクラどちらを選ぶか判断を迫られた頃、思い切って大学を中退し、キャバクラ一本でやっていくことにしました。

大学を中退してからも苦労の連続です。特に大変だったのがキャスト同士の仲ですね。
当時働いていたお店は派閥があって、かなりギスギスした空気だったんです。

もう本当に大変でしたね。
私も何度かトラブルに遭ったんですが、その度に「マジでざけんじゃねーよ」ってキレかけました。
イライラしながら働いていた時期もありますね。

でも結局精神的にキツくなって、そのお店は辞めました。
働き続けても良いこと無いと考えたからです。
次はギスギスしてないか、自分に合ったお店を選ぼうと決心しました。

お店を変えて今ではヒモを養う幸せな生活に

今度は慎重にお店を探しました。求人を見ながら何店か体入をして、最終的に選んだのが今働いているお店です。
規模は小箱に近いですが、キャスト同士がサバサバしていて、凄く働きやすいですね。
仲良くは無いですが決して悪くもない、ちょうといいバランスです。

私は経験者だからか、時給も優遇してもらえました。
おかげで稼ぎも増えましたし、ヒモを養える位になっています。

幸せか?と聞かれたら、間違いなく幸せと断言できますよ。
昔に比べたらハッピーだし、仕事も楽しんでいます。

お店一つで自分の人生も大きく変わります。
私は身をもってそれを知りました。

関連記事

こんなお店はダメ!!危険なキャバクラ求人の見分け方... 危険なお店は違法営業の可能性大! 他より条件が良いキャバクラの求人を見ると、つい応募したくなりますよね。 でも、本当に大丈夫でしょうか? キャバクラの条件の中には、危険なお店も隠れているんです。 実際は掲載条件に程遠かったり、最悪違法営業しているパターンもあります。 例えば...
【ちゃんと知ってる?】キャバクラとガールズバーはどう違うの?... キャバクラとガールズバーは似てるようで違うキャバクラとガールズバーの違いって知ってますか? どっちも求人は見かけるけど、何かよく分かんないですよね。 実は同じようだけど、違いところもチラホラあるんですよ。 仕事内容からお給料、来るお客さんまで、色んな面が違ってます。 どっちが良いか迷ったら、違いをみ...
【これだけ覚えればOK!】初心者必見!キャバクラ用語集... 専門用語の多いキャバクラ業界 キャバクラでは色んな用語が使われています。 【キャバクラ業界用語集】https://icondolllounge.jp/articles/words こういった専門用語を知らずにいきなり入店すると、疑問符が浮かんじゃうこともよくあります。けど、これから働く...