キャバクラとガールズバーは似てるようで違う

キャバクラとガールズバーの違いって知ってますか?
どっちも求人は見かけるけど、何かよく分かんないですよね。

 

実は同じようだけど、違いところもチラホラあるんですよ。
仕事内容からお給料、来るお客さんまで、色んな面が違ってます。
どっちが良いか迷ったら、違いをみて選ぶと良いですよ。

キャバクラとガールズバーの仕事内容の違い

まずお仕事の違いですけど、キャバクラはお客さんの隣に座って接客しますよね。
ところが、ガールズバーは隣に座りません
ざっくり言うと、こんな違いがあるんです。

キャバクラだと、お客さんに指名されたらテーブルまで行って、一緒に会話したりお酒を作ったりします。
テーブルに座りながら接客する、ってところがポイントですね。

この接客スタイルが基本になので、本指名だけじゃなくてヘルプに入る時も同じです。
ちなみにクラブやニュークラなんかも、指名されたらその席へ行ってお客さんの隣に座りますよ。

じゃあガールズバーはっていうと、基本的に対面で接客します。
カウンター越しにお客さんとお喋りしたり、お酒を作ったりするんですよ。

お客さんのテーブルへ着かなくていいし、隣に座る必要もないんです。
接客面ではキャバクラより気軽かもしれませんね。

なのでガールズバーはおさわりの心配無用です。
ただ、キャバクラも当然NGだし、もし触ってくるお客さんがいたら黒服が注意しますからね。
ブラックな店だと黙認されちゃいますけど、普通のキャバクラでもおさわりの心配は少なめです。

キャバクラとガールズバーのお給料の違い

お給料はかなり違ってきます。
キャバクラのほうが圧倒的に高いです。
時給相場は2,500~3,000円位なので、1日で1万以上は稼げちゃいますね。
(※ただし地域によって変わってくるので、実際にこちらの求人サイトで働きたい地域の求人情報を見た方が確実です!)

そしてこれに各バック(ドリンクバックや同伴など)が入るので、頑張れば月数十万も稼げちゃいます。
「欲しいものが多い!とにかく稼ぎたい!」って人は、キャバクラが向いてるかもしれません。

かたやガールズバーはお給料が低いです。
相場はだいたい1,000~2,000円位で、キャバクラと比べて見劣りしちゃいます。
普通の飲食店よりは高いですが、バックが少ないので注意してくださいね。

キャバクラと違って、ドリンクバック位しか貰えないんです。
なのでトータルの稼ぎは違いが大きくなります。
ガールズバー勤務で月収100万円…は難しいですね。

しかし、時給には地域差があります。
特に都市と地方じゃ全然違うので気を付けましょう。

地方だとキャバクラで時給2,000~2,500円、ガールズバーで1,000~1,500円位にですが、六本木や銀座のように高級歓楽街だと時給も高くなります。
キャバクラで時給5,000円、ガールズバーも3,000円程度のお店が沢山あります。

でも、相当のスキルと平均以上のルックスが求められますし、こういうお店は人気も高いので、受かるまでが大変ですね。

キャバクラとガールズバーのキャストの違い

ナイトワークのキャストは、お店で働く女性スタッフを言います(一部除く)。
キャバクラならキャバ嬢、ガールズバーなら女性バーテンダーのことですね。
このキャストですが、職業や年齢、性格なんかもガラッと変わります。

ガールズバーは気軽に働けるからか、特に学生さんとフリーターの人が多いですね。
働いてるキャストの年代も20代前半がメインで、30代以上の人はめったにいません。
お店によっては主婦の人が働いてますが、年齢は若いです。

性格も明るい子ばかりですよ。
とにかくノリが良いし、気さくな感じの子がメインですね。

逆に落ち着いた雰囲気の子は少なめなんです。
ノリが良くて、おしゃべり好きならガールズバー向きの性格って言えますね。

じゃあキャバクラはと言うと、これを本業にしている子が沢山います。
大学生やフリーター、主婦の人もいますけど、売れっ子は皆キャバクラ一本の傾向があります。

年齢層は基本20代ですが、中には30代・40代で働いてる人も。
キャストの年齢が30~50歳前後の姉キャバ・熟キャバというお店があるんです。
逆に言えば、30歳以上でも働きやすいのがキャバクラの魅力ですね。

働いてる女の子の性格はお店によりけりでしょうか。
大衆店は明るくてノリが良い子ばかりだし、高級店は落ち着いた大人の女性が多いです。
各お店がコンセプトを打ち出してますから、それに沿ってる感じですね。

キャバクラとガールズバーの服装の違い

服装も違います
キャバクラって基本的にドレス着用か、ドレスワンピなんですよ。
豪華できれいなイメージを出すために欠かせないからですね。

ドレスを貸してくれるお店も多いですが、自分で用意する人も多いです。
ただ、安くても1着数千円はしますから、枚数を揃えようとすると出費も膨らんじゃいます。
ヘアメイクも必須だから、準備がちょっぴり大変かもしれません。

ところが、ガールズバーは私服OKです。
ドレスが不要で、カジュアルな服装のお店が多いんですよ。

お店によっては衣装がありますけど、ちゃんと貸してくれるから安心ですね。
その分出費は抑えられるし、ヘアメイクも不要か、力を入れなくていいです。
身なりの気軽さならガールズバーが勝ってますね。

キャバクラとガールズバーの勤務時間の違い

キャバクラとガールズバーは勤務時間も違います。
キャバクラは風俗店に該当しますから、風営法の影響を受けるんです。

なので営業時間が厳しく定められてます。
大体開店時間は18時で、閉店は深夜0時か午前1時まで。
それ以上は営業できません。
24時間営業は原則不可で、午前7時頃から営業する朝キャバも一度閉店しないといけないんです。

ガールズバーは風営法の影響を受けません。
キャバクラのような接待行為が無いので、その気になれば24時間営業もできます。

とはいっても24時間のお店はほぼ皆無で、営業は18時か19時頃からがほとんどですね。
閉店時間も遅くて朝5時位です。
キャバクラより営業時間が長いので、長時間勤務になる点は注意してくださいね。

キャバクラとガールズバーの客層の違い

東京で一流のキャバクラ店ともなると、来るお客さんはそれなりの年収を貰っている人が多いです。
例えば経営者や社長さん、芸能人とか有名人ですね。

有名店だと著名人が沢山来るし、知り合える機会も少なくないんですよ。
年齢層も40代以上の人が多いかな。
キャバクラって1回1万円以上かかるから、お金を持ってないと遊びづらいですよね。

一方のガールズバーは、サラリーマンがメインの客層です。
たまに学生さんも遊びに来ますね。

キャバクラほど料金も高くないし、気軽に立ち寄れるのが影響してます。
年齢層も20代~30代が多くて、逆に40代以上のお客さんはほとんど来ません。
この辺はキャバクラと棲み分けできている感じです。

本気で挑戦したいならキャバクラ!

キャバクラとガールズバーを比べると、時給や客層はもちろん、働き方までまるっきり違うのがポイントです。
気楽に働きたいならガールズバー、逆に本気でナイトワークに挑戦するならキャバクラがおすすめです。

短時間でしっかり稼げるし、バックが豊富だから月100万も目指せます。
その変わりにお店選びが大変なので、体入も活用してくださいね!

関連記事

驚愕の事実!働き始めるまえに知っておいて欲しいキャバクラの裏側... キャバクラの理想と現実はギャップも多い 皆さんはキャバクラにどんなイメージを持ってますか? 華やかで煌びやかなイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。 確かに華やかな面もありますが、全てがそうとも言えません。 実際はドロドロしてる面もあるし、正直に言うと厳しい世界です。 ...
【これだけ覚えればOK!】初心者必見!キャバクラ用語集... 専門用語の多いキャバクラ業界 キャバクラでは色んな用語が使われています。 【キャバクラ業界用語集】https://icondolllounge.jp/articles/words こういった専門用語を知らずにいきなり入店すると、疑問符が浮かんじゃうこともよくあります。けど、これから働く...
知らないと恥ずかしい?キャバクラにあるお酒の種類と基礎マナー... キャバクラによくある焼酎とウイスキーのハウスボトル キャバクラって色んなお酒が置いてありますよね。 ちなみにどんな銘柄があるか知ってますか?実はほとんどのお店で置いてある定番も多いんですよ。 特に焼酎とウイスキーはバリエーションが豊富です。 けど、お酒って見た目が似てますから、詳しく...